朝日杯フューチュリティSはこの馬が注目!

今年が中山で開催される最後の「朝日杯フューチュリティS」。 このレースは「おむすび型」と呼ばれる特殊なコース形態で行なわれるために、血統面で非常にわかりやすいデータが出ています。
それは「母の父がサンデーサイレンス」ということ。

直近の勝ち馬は
2008年勝ち馬セイウンワンダー
2009年勝ち馬ローズキングダム
2010年勝ち馬グランプリボス
2011年勝ち馬アルフレード
2012年勝ち馬ロゴタイプ

この5頭の母の父はいずれも「サンデーサイレンス」。
これはこのレースを攻略していくうえで重要なデータとなりそうです。
因みに今年の出走馬で考えますと、母の父がサンデーサイレンスとなっているのは「ショウナンアチーヴ」ただ一頭。
1回おきに勝利している通称○×馬で、前走勝っている馬だけに、今回勝つかどうかは微妙ですが、馬券圏内という点では間違いなく注目と言えるでしょう。
ぜひ日曜日の馬券戦略の参考として下さい。
あとダートしか経験していないですが、優勝請負人ムーア騎手が騎乗するアジアエクスプレス は不気味ですね。

日付 2013/12/15
レース名 中山11R 朝日杯フューチュリティS
馬券種 3連単
点数 10点
指示目 フォーメーション
<1着>
06番・11番
<2着>
05番・06番・11番
<3着>
04番・05番・14番
推奨金額 1点あたり推奨モデル
1,000円(合計10点)
合計10,000円
3連単06-11-14 162,960円的中

【的中ポイント】

1.血統理論
2.陣営の思惑


当社では上記注目ポイントの下に、朝日杯フューチュリティSを提供しました。
実際のレースでは、当社が注目にしていた
「母の父サンデーサイレンス」を内包しているショウナンアチーヴが2着に好走。
当社としてはこの馬に勝ってもらいたかったが、そのショウナンアチーヴを負かしたのは…
芝コースは未経験ながらも優勝請負人ムーア騎手を配してきていることから、勝負気配アリと判断していたアジアエクスプレス、陣営の思惑という部分で非常に不気味と判断していました。
今回は単勝1番人気馬アトムが馬券圏外になった事で

1着 単勝4番人気 アジアエクスプレス
2着 単勝6番人気 ショウナンアチーヴ
3着 単勝5番人気 ウインフルブルーム


という決着ながら3連単にて1000倍を超える配当が出ました。
「母の父サンデーサイレンス」という答えがありながら、
単勝6番人気という低評価は非常においしいお宝馬だったと言えますね。
今後もこういったお宝馬をどんどん推奨していきますので、当社Premium Infomationを週末馬券の参考としてご活用下さい。